大阪、尼崎、伊丹、西宮、神戸の社会保険労務士事務所です。助成金、創業、就業規則、労務問題、年金分割等サポート。

健康生成論

健康に関して、2つの考え方があります。

1つは「病気がなければ健康である」 ですから(疾病生成論といいますが)、「病気の原因は何か、を調べて原因取り除くと健康になる」という考え方です。なるほど、ですね。

2つ目が、テーマにあげた健康生成論「こうすれば健康になる」と考えて健康になる方法を考えようとする方法です。この場合、病気や障害をかかえていても、健康になれるという考え方で健康の意味、定義がすこし1つ目の考え方と違います。メンタルヘルスに取り入れられているそうです。

実際、病気でなければ幸せなのにと考えている方々、(私もそうだったですが)が多いと思います。

これはお金に関してもいえるのではないか、と思います。お金があれば、幸せなのに・・・というわけです。

そう感じるのも当然と思いますが、お金と引き寄せの法則 富と健康、仕事を引き寄せ成功する究極の方法などには「幸せにしてるとお金はやってくる」と書かれています。発想の転換ですね。

病気の時、病気のことばかり考えていると、気が滅入って病気が悪化しそうですね。病気の時、健康のことを考えるのは実際難しいかもしれませんが、「こうすれば幸せになる(健康生成論)」考えも頑張ってもちたいものですね。

健康生成論の考え方には「把握可能感」「処理可能感」「有意味感」が必要だそうです。
かんたんに言うと、「見通しをもって、自分にはできる、そしてそれをすることが有益だ」と考えることです。
人間は考え方を変えると生き方がかわります


ホーム 助成金活用のすすめ 事務所ご案内 料金について ヒロセのブログ お問合せ