神戸・尼崎・西宮・西宮の社会保険労務士 助成金・就業規則・給与計算・メンタルヘルス 電話相談無料

給与計算のアウトソーシング

 

3つのメリット

があります。

 

1、コスト削減です。
例えば、従業員20人、人件費21万円の事務の方が時間の3分の1を、給与計算や社会保険関係の手続きに使われているとすれば、月7万円かかっていますが、当方へアウトソーシングしていただければ、37000円〜43000円で6割くらいのコストになります。このように、社内の人員で対応するより安くなるケースが多いです。もちろん、導入されているソフト、システムを活かした対応を致します。

 

2、正確性です。
労務関係の制度は改定が多く、また法律に沿っての業務ですので、人事、総務の担当者は専門性が必要です。例えば、残業時間の計算、割増賃金支払等は法令順守が年々厳格になってきています。間違ったまま運用していると大きな問題になる事もあります。「残業は30分未満は切り捨てます」 ←これは、違法とされます。タイムカード等でデータが残っていれば請求されれば2年前まで遡って、未払い残業代になります。

 

3,給与計算の契約をしていただきたら、スタッフが毎月定期訪問致します。
その際、なんでも、相談ください。労務問題,、年金関係でも結構です。当方からは法改正や利用できそうな助成金の情報も提供致します。

 

原則的な業務の流れ

は以下の通りです。

 

@まずは「現状」と「ご希望」をご説明ください。給与明細表等があれば OKです。また、本当は「こうしたい」というお話もください。

 

A話が合えば、契約を致します。

 

B原則、給与支払日の10日前にタイムカード等労働時間、残業時間を集計したデータを提出ください。

 

C給与支払日前日までには給与明細書、データ等をお届けします。

 

月次処理以外の、労働保険料の年度更新、社会保険料の算定基礎届、従業員さんの雇用保険、社会保険の加入、脱退、退職手続き等も当方で致します。

 

 

 

 

給与計算のアウトソーシング記事一覧

社会保険

T、労働保険1、労災保険(労働者災害補償保険)と2、雇用保険 を合わせて労働保険と称しています。労災は1人でも従業員を使用したら強制加入です。雇用保険は1週間20時間以上働く従業員を31日以上雇う場合には加入しなければなりません。1、労災保険 労災保険は、労働者の業務が原因の怪我、病気、障害、死亡(...

≫続きを読む

社会保険料の免除

子供が3歳になるまで保険料が免除されます。産前・産後休業、育児休業中の社会保険料は免除されます。 育児休業期間中の給与については、会社に支払い義務がないため支給していない会社が多くあります。 この場合、給与の支給がないのに保険料負担だけがかさむことから、この間、社会保険料(健康保険・厚生年金・児童手...

≫続きを読む

給与計算と就業規則と社会保険手続きの関係

(このページ途中です)給与計算と就業規則と労働保険、社会保険の関係就業規則は賃金計算の原則です給与は労働契約で各人ごと決めて支払いますが、支払いの時期とかは就業規則等で決めておく必要があります。例えば、毎月20日までの給料を月末に支払うというルールです。残業していたり、欠勤していたり、あるいは有給休...

≫続きを読む


ホーム 助成金活用のすすめ 事務所ご案内 料金について ヒロセのブログ お問合せ