尼崎・西宮・神戸・伊丹の社会保険労務士・行政書士  助成金・就業規則・給与計算・起業支援・電話相談無料

企業様向け業務

 

助成金、就業規則、労務問題のコンサルタントです。
開業(会社設立)〜安定期迄、いろんな場面での、ご相談に応じ、手続き、支援をいたします。

 

 社会保険労務士、行政書士は国が作った(複雑な、良い)制度、ルールや仕組みを企業さんや個人の方がうまく利用できるよう、支援、説明するのが主な仕事です。

 

 

助成金制度は国のつくった素晴らしい制度です。お金をもらえるだけでなく、会社の改善・体質強化もできる可能性があります。

 

 従業員の待遇改善、定年引上げの助成金、介護休業取得奨励の助成金、女性が働きやすい職場を作る助成金など政府の施策を推進するために助成金が準備されています。

 

つまり、助成金の理解と利用=国に協力ということです。どんどん国に協力しましょう。

 

・例えば、従業員の教育をしたい、新しく人を雇う計画がある→キャリア形成助成金、キャリアアップ助成金、トライアル雇用奨励金、特定就職困難者雇用開発助成金、等いろいろあります。

 

最新 助成金情報のご案内
助成金活用のすすめのページへ

 

・助成金を活用すれば、起業時や従業員を雇い始めのコストが低減できます。

 

助成金がもらえて、多くの企業さんから感謝いただいています。受給できた時は私たちもすごくうれしいですね。

 

とてもいい制度と思います。助成金の活用例

 

 

会社の就業規則を作りたい。

 

就業規則作成、労務関係(有給休暇、残業、労働条件等)の御相談に応じます。

就業規則は経営者と従業員さんのルールブックです。社長の気持ちをはっきり伝え、働くルールを明確にして、安心して働ける就業規則を作ると従業員さんは安心して仕事ができます。
能率が上がり、離職率が下がり、いい人材が集まりやすくなります。
就業規則は会社と従業員のトラブルを未然に防ぎます。→「就業規則とは」のページへ

 

 

起業したい。仕事に必要な許可をとりたい。(建設業許可、訪問介護ステーション、旅館業、有料職業紹介業等)

 

会社設立、開業、創業支援致します。

起業の仕方は個人、法人、株式会社、合同会社、NPO法人いろいろあります。内容を相談いただければ、現実的な起業案かどうかのアドバイスも致します。
定款の作成、設立登記手続きも支援いたします。また、設立後人を雇うと労働保険の適用事業所登録が必要になってきます。
起業時から助成金の活用を計画すると起業の費用が軽くなります→「会社設立・独立開業」のページへ

各種許認可、指定申請を致します。

業種によって、官公庁の許可、認可、指定が必要です。建設業許可、介護関係、旅館業、有料職業紹介、等許認可の手続きを代行します。

 

 

従業員を雇ったので手続きをしたい。給与計算がややこしい。

 

労働保険、社会保険の適用手続を致します。

労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金関係等の手続きです。

給与計算を代行致します。

複雑な給与計算のアウトソーシングを検討されませんか?3つのメリットがあります。
 1つは正確性です。例えば、残業時間の計算、割増賃金支払等は法令順守が年々厳格になってきています。間違ったまま運用していると大きな問題になる事もあります。労務関係の制度は改定が多いので、人事、総務の担当者は専門性が必要です。
 2つ目がコストです 詳しくは→給与計算のアウトソーシング

 

それぞれの内容は左のメニュー欄からご確認下さい。

 

個人様向け業務

 

退職、離婚、介護、人生にはいろんな状況が発生します。悩まれることも多いと思います。カウンセリングも行っています。
個人的にお困りの方のご相談に応じます。

 

障害年金・遺族年金等の御相談

遺族、障害、いろんな年金の御相談をお受けします。まずは電話で御相談ください。審査請求・再審査請求の御相談もお受けします。

 

離婚の御相談

離婚しようか迷われている方はご連絡下さい。
離婚がどんな意味を持つのか、また法律的にどう変わるのか、情報提供致します。また具体的な、年金の分割、内容証明郵便、離婚協議書等の御相談、作成支援等致します。

 

成年後見人

老齢等の理由でお金の管理や契約等が難しくなってきたとき、成年後見人制度が利用できます。例えば、ご両親の銀行通帳管理をお子さんがしたり、専門家(社会保険労務士や弁護士等)に依頼することが出来ます。具体的には、家庭裁判所の判断が必要になります。御相談下さい。兵庫県社労士後見センターのメンバーです。

 

遺言の作成の御相談

遺言は決められた方法で行わないと有効にはなりません。「あの時、言ってたよ」というのは、相続人全員が納得していればいいのですが、もめた場合には効力はありません。世話してくれた人に財産をあげたい場合等はきっちりした形式が必要です。「自筆証書遺言」「公正証書遺言」等があり民法できっちり決められています。

 

心の相談

キャリアコンサルタントは、仕事と人間の専門家です。仕事をしていると、生活していると、いろいろ悩み、疑問も出てきます。自分で考えると限界があります。御相談下さい。カウンセリング致します。

 

ホーム 助成金活用のすすめ 事務所ご案内 料金について ヒロセのブログ お問合せ