尼崎・西宮・神戸・伊丹の社会保険労務士・行政書士  助成金・就業規則・給与計算・起業支援・電話相談無料

キャリアコンサルティングとジョブカード制度

キャリアコンサルティングとジョブカード制度

 

 最近よく、耳にされる言葉だと思います。
厚生労働省の助成金の中には、ジョブカードの発行が助成金の要件になっているものもありますし、昨年の派遣法改正では人材派遣会社が社員の希望に応じてキャリアコンサルティングすることを義務付けられました。
厚生労働省は力を入れているようで、キャリアコンサルタントの資格が4月から民間資格から、国家資格に変更になります。

 

1、キャリアコンサルティングとは

  キャリアコンサルティングとは、キャリアコンサルタントによる対面のキャリアに関する相談のことです。失業者への職業の選択サポート等から始まりました。ハローワークの職業相談のようなイメージです。「自分は何が好きで、何に興味をもっているか。従事する仕事を正しく理解しているのか。」等を相談しながら、助言及び指導を行い、個人と企業のニーズを擦り合わせることも行います。例えば、雇用のミスマッチが少なくなる期待ができます。

 

2、(ジョブカード制度)キャリアコンサルタントがジョブカードを発行支援します。

 ジョブカードとは、クレジットカードのようなイメージのカードではなくて、A4が4〜5枚程度の書類です。
内容は「履歴書」+「職務経歴書」に加えて「本人のキャリアに対する意見・希望」を記入する用紙があります。ネットにたくさん情報があります。
 このジョブカードを本人が記入し準備して、キャリアコンサルタントがキャリアコンサルティングを行います。キャリアコンサルタントは面談後、ジョブカードに、キャリアコンサルティングを行った記録を残しコメントも記入します。これで「ジョブカードの発行」となります。

 

 


ホーム 助成金活用のすすめ 事務所ご案内 料金について ヒロセのブログ お問合せ