助成金 一覧

助成金についての説明です。

助成金 一覧記事一覧

dummy

キャリアアップ助成金 平成25年5月にスタートした助成金です。パートさん、契約社員、派遣社員を雇われている事業主さん*キャリアアップ助成金はパートさんを1人でも雇用されている会社は利用できる可能性があります。6種類の助成金がありますが、主な3つのコースについて説明します。1、キャリアアップ助成金:正社員化コースパートさん(働く時間の短い従業員)、契約社員(例えば、1年契約の従業員等)さんを正規雇用...

dummy

1、雇用管理制度助成コース1〜4の制度の導入等をし、制度導入後、1年間に離職率の目標を達成している場合に57万円が支給されます。比較的簡単な助成金です。従業員の離職の心配ない企業さんであれば1年かかりますが受給可能と思います。(1)評価処遇制度の導入   (2)研修体系制度の導入     教育訓練制度(新任社員研修、管理職研修等)を会社として実施することを就業規則等に定め、実際適用します。(3)健...

dummy

  「キャリアアップ助成金」は正社員の教育には使えないのですが、正社員を対象になるのが、この「人材開発支援助成金」です。「キャリアアップ助成金」のように、OJTの費用はほとんど助成が無いのですが、OFF−JT(オフジェイテイ:仕事と切り離して教育を受ける、例:パソコン教室へ行く等)に対して、時間600円〜800円の賃金助成があります。1、OFF−JTで時間800円の賃金助成がある訓練は次のいずれか...

dummy

兵庫県内の雇用保険の適用事業所が対象になります。会社規模は100人以下の事業所が対象です。(個人事業主、医療法人等は20人以下です。)育児や介護のみでなく、結婚、配偶者の転勤、出産が理由で離職した者を雇用した事業主に支給されます。対象労働者は退職前に3年以上雇用保険に加入していた等、他の要件もありますのでお問合わせください。1人につき30万円の支給です。要件に合う人求職者も多いと思います。うまく見...

dummy

中小企業の建設事業の会社(労災保険料率が16.5)が助成金の支給申請ができます。技能実習コース建設業者さんがよく利用されている助成金です。従業員に外部の教習機関等で技能実習を受けさせた場合、実費相当額の7割、と講習が1日3時間以上の場合は1日7000円助成さtれます。対象となる技能実習等は次のとおりです。1、労働安全衛生法に定める特別教育→アーク溶接、玉掛け、ゴンドラ操作等対象となる特別教育→労働...

dummy

いろいろな助成金の中で、一番利用されているのが「特定求職困難者雇用開発助成金」でしょう。これはハローワークへ求人をだして、採用された方が要件を満たせば、雇用した会社がもらえる助成金です。簡単な申請書を書くだけです。1、特定就職困難者雇用開発助成金どんな人を雇ったらもらえるかというと、    1、高齢者(60歳以上で65歳未満)   2、母子家庭の母、   3、障害者                ...

dummy

正社員を雇うときに使える助成金です。その仕事に未経験な人を雇う場合です。経験者を希望される時は使えません。雇ってから3か月間は文字通り「トライアル雇用=お試し雇用」で3か月後に継続雇用するかどうかを決めることができます。ある意味、事業主さんには、都合のいい助成金です。原則、ハローワークで求人を出す必要があります。ハローワークへ求人を出す時に、「トライアル雇用併用求人でお願いします。」と希望を出しま...

dummy

求人の少ない地域、過疎の地域で、事業所を設置し、従業員を雇い入れた場合に使った費用に対して、一定の金額が助成される制度です。兵庫県でしたら、明石市、三木市、加古川市、高砂市、豊岡市の一部、養父市、朝来市の一部、宍粟市の一部、佐用町、香美町等が対象となっています。計画書の提出→事業所の整備のため300万円以上の投資→従業員3人以上の雇い入れ→支給申請という流れです。結構ややこしいですね。 興味があり...

dummy

 仕事量が減って、売上が減少した場合、に従業員を減らさず(解雇しないで)自宅待機等の休業、や余った時間で教育訓練をした場合に助成金がもらえます。もらえる金額は、給料日額の2/3(上限7830円)です。概略を説明します。1、前年同期比10%以上の売上減少が条件です。3か月間の平均です。2、手続き (1)1カ月間の休業計画(または教育訓練)の計画を提出します。       (2)実施した休業、教育訓練...

dummy

高年齢者雇用安定助成金 高齢者活用促進コース高齢者が働きやすい職場に改善したとき、かかった費用の3分の2が助成されます。例えば、・高齢者を活用して今まで外注していた作業を内製化したあ(内製化に要した費用の3分の2)     ・荷物の積み下ろし作業のためにフォークリフトを購入した(フォークリフト購入費の3分の2)また、定年を引き上げた場合も対象になります。これが一番簡単です。     ・定年を70歳...

dummy

有給休暇の取得率が低い、又は残業が多い職場を改善した場合に助成されます。対象が年次有給休暇の年間取得日数が9日未満、または月平均の残業時間が10時間以上の中小企業が対象です。取組に要した費用の半分〜4分の3が助成されます。取組の例として、 ・労務管理担当者に対する研修           ・就業規則・労使協定等の作成変更(有給休暇の計画的付与)           ・労務管理用ソフトウェアの導入 ...

dummy

 職場意識改善助成金の一つに追加されました。耳慣れない言葉ですが、「勤務間インターバル」とは何でしょうか?例えば、夜9時まで働いて、朝9時に出勤すると、インターバルは12時間になります。勤務間インターバルは11時間が目標というガイドラインです。例えば夜11時まで仕事したら、翌日は朝10時から出勤するという制度を作れば助成金の対象になります。厚労省HPの表現ではこの時間(インターバル)を「休息時間」...

dummy

テレワークを推進したら費用の4/3か半分が助成されます。テレワークとはなんでしょう? テレワーク(Telework) Tele=「遠い」あるいは「遠距離の」  Work=「働く」 という意味です。具体的には、在宅ワークが中心ですね。どんな費用が対象になるかですが、・機器購入経費(パソコン、スマホは対象になりません)                ・保守サポート料、通信費              ...

dummy

例:従業員1名の会社がキャリアアップ助成金とキャリアコンサルタント制度導入助成金を用いて就業規則を作成した場合 1、キャリアアップ助成金 有期実習型訓練               6カ月 600時間の職業訓練    助成金 48万円              更に6カ月経過後 正社員に転換   助成金 60万円    キャリア形成促進助成金のキャリアドック制度導入   助成金 50万円     ...