社会保険労務士・行政書士 ヒロセ事務所 就業規則・助成金等 尼崎市,西宮市,神戸市,伊丹市

働き方改革と助成金

働き方改革と助成金

働き方改革は政府が推進している大きな政策です。助成金も準備されています。

 

働き方改革の狙いは、労働力の確保です。少なくなってくる人口でいかに労働力を維持するか?
そのため@一人当たりのアウトプットを増やす(生産性の改善)Aこれまで参加していなかった女性、高齢者等も労働に参加する(労働参加率の向上)の2点を大きな目標にしています。

 

もちろん背景には社会問題になっている「過重労働防止」もあります。

 

 

1、キャリアアップ助成金
・・・正社員以外に対する助成金です。不公平感をなくして非正規従業員のモチベーションを上げることが目的です。パートさんでも損はないですよ。また短時間正社員制度で就業時間の短い人でも正社員ですよ。

 

   正社員化コース・・・契約社員さんやパートさんを正社員に転換した場合(5%の賃金アップが必要です) 57万円等
  賃金規程等改定コース・・・パートさん等の賃金を2%アップした場合   95000円〜 
  賃金規程等共通化コース・・・正社員とパートさんに共通の賃金規程等を導入して適用した場合  57万円等
  諸手当制度共通化コース・・・正社員とパートさんに同じ手当(例えば賞与とか食事手当等)を導入して支給した場合  38万円等

 

2、時間外労働等改善助成金
・・残業時間を減らす取り組み(従業員の研修、作業効率をアップっさせる機器等の導入等)をして残業時間を減らしたら、取り組みに要した費用の75%が助成されます。※キャリアアップ助成金のように定額給付ではありません。

 

  勤務間インターバル導入コース・・・退社から出社まで最低11時間の時間(インターバル)を確保する制度を導入すること

 

  職場意識改善コース・・・有給取得日数増加、残業時間減に取り組み、年間4日の増加、月残業時間を5時間以上減らした場合

 

  時間外労働上限設定コース・・・原則い時間外労働時間の上限(月45時間、年360時間)を超える36協定を結んでいる事業場がその設定時間を減少させた場合

トップへ戻る