神戸・尼崎・伊丹の社会保険労務士 助成金・労務問題 電話相談無料です。

職場定着支援助成金

1、雇用管理制度助成

 

1〜4の制度の導入等をした場合、それぞれ10万円が助成されます。制度導入後、1年間に離職率の目標を達成している場合に60万円が支給されます。比較的簡単な助成金です。これまで業種が限定されていたのですが、平成28年度からは、すべての業種に可能となりました。

 

(1)評価処遇制度の導入   
(2)研修体系制度の導入   
  教育訓練制度(新任社員研修、管理職研修等)を会社として実施することを就業規則等に定め、実際適用します。
(3)健康づくり制度の導入   
  インフルエンザ予防接種や検便等を会社として実施することを就業規則等に定め、実際適用します。
(4)メンター制度         
  メンター制度を導入し実行します。
 メンター制度とは:所属する部署の上司とは別に、指導・相談役を担う社員が新入社員や後輩をサポートする制度のことです。メンターの意味は、助言者、相談相手で、メンターに相談する側はメンティと呼ばれます。

 

2、介護福祉機器等助成
 介護関連事業主が、介護労働者の身体的負担を軽減するために、新たに介護福祉機器を導入し、効果があった場合、介護福祉機器の導入費用の1/2の助成が受けられます。

 

 

 

 


ホーム 助成金活用のすすめ 事務所ご案内 料金について ヒロセのブログ お問合せ