神戸・尼崎・伊丹の社会保険労務士 助成金・労務問題 電話相談無料です。

母子家庭の母、60歳以上の方等を雇った時の助成金 特定就職困難者雇用開発助成金

いろいろな助成金の中で、一番利用されているのが「特定求職困難者雇用開発助成金」でしょう。これはハローワークへ求人をだして、採用された方が要件を満たせば、雇用した会社がもらえる助成金です。簡単な申請書を書くだけです。

 

1、特定就職困難者雇用開発助成金

 

どんな人を雇ったらもらえるかというと、 
   1、高齢者(60歳以上で65歳未満)
   2、母子家庭の母、
   3、障害者                等です。

 

パート労働者として採用したら40万円、正社員として採用したら60万円もらえます。雇ってから、6カ月後に半分、1年後に残り半分もらえます。

 

ただ、短期間の従業員では対象にならず、継続して雇用する、という求人を出さないと対象にはなりません。ですから、雇用期間は定めなし、あるいは6カ月更新でもいいですが、問題ない限り契約更新する、という求人条件になります。

 

また、雇用保険に入ることが条件になりますので、勤務時間は週間で20時間以上の求人になります。

 

このような、求人をハローワークにだして、上記のような方から応募があれば、ハローワークから案内の時に「助成金の対象者です」と教えてくれます。そのことを考慮にいれて、採用されたら、助成金がもらえるわけです。

 

雇用開始後6カ月たてば1回目、さらに6カ月たって1年後に助成金の申請ができます。
助成金の申請の時の添付資料としては、対象の6カ月間の
・雇用条件通知書(あるいは労働契約書)
・出勤簿
・賃金台帳

 

が必要ですので、提出できるよう準備しておきましょう。

 

2、高齢者雇用開発特別奨励金

 

1、の特定就職困難者雇用開発助成金とほほ同じです。対象者が65歳以上です。65歳以上の方は新規採の場合、雇用保険に加入しないので、1とは区別されています。

 

最近は、65歳以上でも働く方が増えていますので、対象の応募者もいらっしゃるでしょう。

 

 

 

 


ホーム 助成金活用のすすめ 事務所ご案内 料金について ヒロセのブログ お問合せ